旭化成のアクリルラテックス(アクリルエマルジョン)
HOME > 高機能技術

高機能技術

水性2液硬化型アクリルエマルジョン

水分散型イソシアネート硬化剤と組み合わせて使用される、水酸基を持ったアクリルエマルジョンです。ウレタン結合で架橋した塗膜が得られます。

水性イソシアネート硬化型アクリルエマルジョン
水性イソシアネート硬化剤と組み合わせて使用される、水酸基を持ったアクリルエマルジョンです。ウレタン結合で架橋した塗膜が得られます。

水性2液硬化型アクリルエマルジョンの特徴

  • 水分散型イソシアネート硬化型と組み合わせた塗膜は、溶剤系ウレタンと同様に優れた可とう性、耐候性、耐水性を持ちます

水性2液硬化型アクリルエマルジョンの用途

  • 建材外装
  • 床材

その他

  • 水分散型イソシアネート硬化剤は、弊社製品「デュラネート™」を推奨しております
  • デュラネート™」は、溶剤系ウレタンと同様にポットライフがあります

 


 

感熱ゲル化エマルジョン

感熱ゲル化エマルジョンは特定の温度以上に加熱すると、全体が均一に凝固するため乾燥性が良好です。

加熱によりエマルジョンが凝固するため内部乾燥が良好です。

感熱ゲル化エマルジョンの特徴

  • 特定の温度で急速に凝集固化します
  • 非感熱ゲル化エマルジョンにくらべ乾燥温度を下げられます
  • 乾燥速度(特に内部乾燥)が速くなります
  • 高温時の発泡が抑制されます

感熱ゲル化エマルジョンの用途

  • ライン用塗料(特に厚膜塗装)

感熱ゲル化エマルジョンの乾燥性

ゲル化エマルジョンの乾燥性

ゲル化エマルジョンの乾燥性|塗膜硬度|85℃乾燥時間(分)

塗料配合 PWC=85%
膜厚 ウェット2mm
硬度試験法:
塗面に対して45°の角度で、直径0.4mmの鉛玉500gを1mの高さより落下させた後の塗膜外観目視

  • 標準的には2液タイプとなります(エマルジョンとハードナー)
  • 2液混合後は貯蔵温度、貯蔵期間に注意する必要があります

 

旭化成アルミペースト旭化成デュラネート旭化成SBラテックス