旭化成のアクリルラテックス(アクリルエマルジョン)
HOME > 取扱い上の注意

取扱い上の注意

アクリルエマルジョンの取り扱い及び貯蔵上の注意

以下は、当社のアクリルエマルジョンを安全に取扱っていただくための注意事項です。
当社では製品安全データシート(SDS)を別途作成していますので、取扱い前に必ずご参照下さい。万一、SDSがお手元にない場合は弊社担当までご連絡いただければお送りいたします。なお、当社アクリルエマルジョンとともに使用される製品の安全性については、貴社にて調査下さるようにお願いします。特殊用途(食品、化粧品、医療など)への使用は避けて下さい。

取扱い上の注意

  • 通風の良い場所で取扱ってください。

    取扱い時は、眼、皮膚などへ付着を避けるため保護具(眼鏡、手袋など)を使用して下さい。

  • 使用後は、皮張り防止のため密封して下さい。

    アクリルエマルジョンを取扱った用具・装置をそのまま放置すると、樹脂被膜が発成し次回の使用に支障が生じますので、使用後直ちに水洗して下さい。

  • 激しい撹拌や摩擦を避けて下さい。

    激しい撹拌や摩擦によって凝固することがありますので、高いせん断力がかからない方法で送液して下さい。

  • 応急処置

    眼に入った場合は、直ちに清浄な水で最低15分間眼を洗浄した後、眼科医の診断を受けて下さい。皮膚に付着した場合は、付着した衣服、靴を脱ぎ、付着した部分を水または微温水を流しながら洗浄して下さい。飲み込んだ場合は、直ちに医師の診断を受けて下さい。

  • 漏洩時の処置

    アクリルエマルジョンが流出しないように十分な注意をお願いします。流出すると河川などを白濁させることがあります。万一、流出した場合は、土のう、毛布などでせき止めて流出拡散を防いで下さい。多量流出の場合はバキュームなどで汲み上げ、又少量流出の場合はふき取るか、おが屑、土砂など混ぜ凝固回収して下さい。作業時は保護具(長靴、眼鏡、手袋など)を使用して下さい。河川、湖沼などに流出した場合は、所轄の監督官庁などへ連絡して下さい。

  • 廃棄時の処理

    アクリルエマルジョンやその洗浄廃水は、水質汚濁防止法に従い、凝集沈殿、活性汚泥処理やPH調整などにより清浄にして排出して下さい。凝集沈殿物などの廃棄物の処理及び清掃に関する法律に従い、埋め立て、焼却などを行って下さい。

貯蔵時の注意

  • アクリルエマルジョンは低温時に凍結し、高温では沈殿や凝固を起こしやすくなります。
    密閉状態で直射日光を避け3℃~30℃の屋内で貯蔵してください。
  • 長期間保存すると、成膜性の低下、沈殿や凝固を起こすことがありますので、早めにご使用ください。

 

旭化成アルミペースト旭化成デュラネート旭化成SBラテックス